来週月曜日からは6月1日、という事で梅雨入りの時期になりました。本日(5/29)の天気図を見ると台湾付近に梅雨前線が横たわっています。来週前半からは曇りや雨の予報が多くなっているようです。

トップ
自己紹介
講義スライドなど
自費出版本
私の趣味他
私自身の病歴(既往歴)
下の写真や動画は私の右総頚動脈のエコー写真です。
喫煙リスクの解説のため、「それでもタバコを吸いますか?」という5冊目になる自費出版本の印刷が出来上がりました。。20頁程度ですので,小冊子といったところです。 iPhoneやiPadでは画像表示が出ない箇所があります。その場合にはパソコンで御覧ください。左写真をクリックしたらPDF20頁程度で閲覧できます。 15部ほど印刷して池井病院へ贈呈しました。喫煙者の方に読んでもらえたら、と思います。この本と、上の写真の「イラストで学ぶ病気や身体の基礎知識2」の2冊を、宮崎県医師会発行の「日洲医事(にっしゅういじ)の中で紹介してもらうために、原稿を記載しました。「私の本」という投稿で紹介します。既に、2回今迄発行した私の自費出版本は、この日洲医事「私の本」の中で紹介してもらっています。宮崎県医師会図書室にも、今迄発行してきた私の自費出版本は閲覧できます。宮崎県医師会に贈呈してきました。

宿舎の玄関横にあるアジサイも少し,色付いてきました。まだ、綺麗!というほどでは無いですが、この時期らしい花ですね。ところで、アジサイは毒があって,青酸配合体なる物質が入っていて、胃内で青酸に変わるなどといった事も以前報告されたようですが、まだ正確には分からないようです。ただ、アジサイの葉を料理に出されて食べた人の食中毒例も少数ですが、報告されているようです(平成20年6月)。

アジサイの葉など触った後は用心のため、手洗いした方が良いかも、、。
動脈硬化に御用心!
病気の解説
イギリスへの旅
病気の話(PDF)
戦車博物館の旅

4冊目の自費出版本。

3冊目の自費出版本の後に解説してきた病気の話を追加しています。130頁ほどあり、66Mbありますので少しダウンロードに時間がかかります

4月1日から小林市にある池井病院で勤務しています。下写真は池井病院のHP(トップ頁)です。池井病院の写真をクリックすると池井病院のHPにリンクします。一般内科循環器内科の外来を担当します。また、介護老人保健施設「みずほ(入所定員50名)」の老健施設長としても勤務しています。

3冊目の自費出版本「イラストで学ぶ病気の基礎」です。上の写真をクリックすると本の内容を見ることが出来ます。自費出版本の中でも紹介しています。 PDFで105Mbあるのでダウンロードに少し時間がかかると思います。 この本の後書きにも1冊目の本と同様に、私の人生を振り返って自叙伝のように記載しています。本の内容より、この後書きの方を読んでもらいたいくらいの気持ちです。

この本も宮崎県医師会発行の日洲医事の私の本という欄に投稿して記載されています。下のボタンをクリックしたら内容を閲覧できます。
戦車博物館内写真

左動画は、同じく私の総頚動脈分岐部のプラークです。カラードプラーです。自宅に中古のカラードプラーを2年前に30万円で購入し,自分で定期的にチェックしています。赤い血流が確認できると思いますが(血液が赤いから赤く写っているのでは無く、エコー探触子に近づく血流が赤く表示されて、遠ざかる血流が青く表示されます)、プラーク部分には血液が流れないのが良く確認できると思います。動画は画面下にある三角形をクリックすれば見る事が出来ます。mp4ファイルを使用しています。

大塚先生の診察室パート2

御池には、本日6月30日迄に3回行きましたが、釣果ゼロです。左写真は御池の岩にくっ付いている気持ち悪い物体ですが、何か分かりますか?外来種のジャンボタニシの卵です!その他、御池にはヤマヒル(山ヒル)もいますね。服の上にくっ付いてましたが、これも気持ち悪いですね。昔、子どもの頃は川で魚取りをしていて、よくヒルに咬まれてました。ヒルに血を吸われても毒は無いので、大丈夫ですが、気を付けることにします。その他、ダニ、ムカデなどもいそうなので夏でも手足を露出しないように気を付けなければ、、、。ダニによるSFTS(重症熱性血小板減少症候群)は、宮崎も多いので要注意です。宮崎市で以前勤務していた病院では今迄に2人の患者さんを専門病院に紹介しました。ダニはその他リケッチアによる感染症も起こします。

動脈硬化性病変を予防できないのか?高齢(68才になりました)やストレス。これは致し方ない。運動不足や、少々お酒の飲み過ぎ。皆さんも一度頸部エコーを受けてみると良いかもしれません。現在は宮崎大学の美原先生が発見されサプリ開発にも貢献されて出来上がったミミズ乾燥粉末(カプセルに入ってます)なるものを服用しています。血栓溶解作用があるのと、ミミズなので副作用も無く、抗凝固剤のような出血傾向に気を使う必要が無いので、飲んでます。ただ、少々泥臭い匂いはします。EPAサプリも1,000mg服用しています。EPAは脂質異常症にも(特に、中性脂肪)効果があることが確認されていて、病院で処方されるロトリガは2gでEPA930mg+DHA750mgが含有されています。ロトリガは小さな粒々で服用しにくく、咬んでしまうと魚油臭いので魚が苦手な人には少々服用しにくいと思います。、宮崎市の自宅にいる時には毎日刺身を食べてましたが、ブリ100gには医薬品のロトリガなどより沢山のEPAやDHAが含有されています。ブリ100g中にEPA940mg、DHA1,700mgを含有しています。脂質異常症の人でロトリガを服用している人で、魚は好きだという人は医療費節約のためにもブリ刺身を食べてみたら如何でしょう? ただ、EPA+DHAが確実にプラーク予防が出来るか?というと、文献が少ないですが効果があるという文献もあります。病院で処方されるエパディールはEPAのみで1日1,800mg服用しますが、脂質異常症に加えて、閉塞性動脈硬化症に伴う(下肢が多いですが),潰瘍、疼痛、冷感の改善にも効能、効果があります。

2冊目の自費出版本です。約90頁と量は少なめ。容量も約21Mbなので
ダウンロードは比較的短い時間で出来ると思います。

総頚動脈分岐部ですが、この部分は総頚動脈が外頚、内頚動脈に分岐するため血流がぶつかって動脈硬化が起こりやすい部位です。上の2枚の写真は同じですが、左側だけだと分かりにくいですが、右側に赤い○をしている部分が動脈硬化でプラークと呼ばれる変化を起こしている箇所です。30%程度の狭窄なので、外科的に内膜剥離やカテーテルによる血管拡張術の適応ではありません。また、プラークは等エコーと言って、同じような性質の変化なのでプラークが今すぐ破綻して血栓などがプラークから流出する可能性は低いと考えられます。プラークの下には少し、白くなっている部分があり、血管壁が石灰化などを起こしている可能性もあります。プラークは歯科領域でも使用される言葉ですが、循環器ではコレステロールの変性した物質などの沈着による変化で粥状(じゅくじょう)硬化とも呼ばれます。

その他、日洲医事には「はまゆう随筆」や「新春随想」など、宮崎県医師会の先生方が気軽に投稿できる欄があります。今迄投稿した記事もついでに記載しておきます。800字程度しか書けないので残念ですが、、。昔から物書きは好きで、新聞や雑誌の読者投稿欄には良く投稿していました。今のように、ネットの無い時代に、自分の原稿が活字で新聞や雑誌に記載されるのはワクワクして大変気持ちが高揚していました。

私の初孫です。紬(つむぎ)という名前で、女の子ですよ。写真を更新してみました。生まれて5ヶ月半が過ぎました。。毎日アプリで写真や動画が送られてくるので便利な世の中になりました。写真を更新してみました。可愛らしくなりましたね!(親馬鹿ならぬ爺馬鹿といったところでしょうか)

日洲医事 私の本

最初の自費出版本です。約500頁あり、約2年の歳月がかかりました。生命保険会社に約15年勤務し、臨床から長期間離れていたため臨床復帰の足掛かりとして重要な役割を果たした一冊です。本の内容をPDFに変換するとかなりの容量となり、ダウンロードに時間がかかるため、一部削除して紹介しておきますが、それでも145Mbあり、ダウンロードに時間がかかりますが、ご容赦のほど。

宮崎県医師会が月に1回発行している日洲医事という雑誌の「私の本」に投稿して、記載されています。
下のボタンをクリックしたら内容が読めます。私の写真と本の写真が描出されませんが、ご容赦のほど。
 個人で作成しているHPです。広告など一切入っていません。
日洲医事 「新春随想」投稿 67才のサーフィン挑戦!」
日洲医事 随筆「はまゆう」 投稿 「風来坊的医者人生」

上写真は私が30才頃、先輩の先生の結婚式の司会をした時です。
右の父の写真と少し似ていてイケメン(?!)な頃です。

上の2枚は父の写真です。満州へ軍医として出兵する前に奈良公園で撮影されたようです。

日洲医事 私の本

このHPは一般の方や看護師の皆さんなど医療関係者が医学知識を理解するための参考になればと思い開設しました。